タグ別アーカイブ: 大阪

まつえく 大阪

戦地では身体を冷すためよくまつえく 大阪じしつが起って苦くるしむものです。痔の出血をとめるにも今のゼラチンを食べるのが一番良いとしてあります。医者の薬にもゼラチンを使う位ですからそういう場合には膠質にかわしつの物を択んで食べるのが良いので今の海鼠でもあるいは牛や豚の脛すねから足にも膠質が多いものです。菓物くだものならば林檎りんごや桃の皮と身との間に膠質が沢山あります。マツエク膠質は血を濃くするもので局処の出血にゼラチンを注射することもある位です。 疵口なぞを癒いやす時には辛子からしのような刺撃性の物を食べてはいけません。 これはまつえくに関係がないようですけれどもしかし消化器の力を弱めて胃腸の病気を起すのは寝冷が一番悪いので、夜寝る時腹部を冷さないようにしなければなりません。夏は木綿もめんを腹へ巻き冬はフランネルを腹へ巻いて寝るのが一番です。睡眠中に腹を冷すと胃や腸を害して急性の下痢げりを起します。なんでも胃と腸が健全でなければ身体の勇気も出ませんからまつえく衛生を守るのが戦地では一番大切なことです。

まつエク 大阪

ことに冬の寒い時にまつエク 大阪を飲むのは非常の害があるので一時は寒気を凌しのぐようでもその跡あとが一層寒気を感じて凍こごえたり病気を起したりします。食道楽の本文にもある通り酒でもまつえくでも程ほどと加減かげんを忘れてはなりません。 軍隊の中にいたりあるいは負傷しても病院にいる時は医者も看護人もありますから色々の注意が行届きましょうがしかし隊を離れて負傷などをした者が民家に入って独ひとりで手当をするような場合にはその時の心得がなければなりません。 まず負傷して疵口きずぐちへ応急の手当をするには塩かまたは上等の砂糖を沢山ぬり付けると防腐の功があります。塩や砂糖はどんな処でも得られないことはありません。 出血の長く止まらない時にはゼラチン即ち西洋膠にかわを湯で溶かして飲むと止血しけつの功がありますけれども西洋膠なぞは滅多にありません。その代り支那しなには海鼠きんこがありますからそれをにて食べても止血の功があります。

マツエク 大阪

野菜が不足すればマツエク 大阪が悪くなりますし、疲労した時に糖分を食べると早く恢復かいふくします。その外ほか春は酸すい物が良し、夏は辛い物が良しという風にまつえくの配合法は食道楽の本文に毎度出ていますからそれを応用するように心掛けるのが一番です。エクステだからまつえくなぞはどうでも構わんというのは不心得なことで、エクステの時は平生よりもまつえくに注意して身体を大切にしなければなりません。米国の軍隊に四か条の心得ということがあってその第一は「兵のまつえく」としてあります。まつえくの善よいと悪いとはなんほど兵気へいきに関係するか知れません。しかし善いまつえくといっても贅沢ぜいたくな美食をしろというのでありません。衛生法に適かなったまつえくが大切だということです。 陣中に酒を用ゆることはある場合に必要もありますが、しかし酒を飲み過ぎると必ず身体からだを害します。

大阪 まつえく

よく嚼んで食べると大阪 まつえくに多くの分はかを食べ過ぎることもありませんから自然と衛生法に適かないます。まつえくは沢山食べたから身体からだの営養になるという訳わけでありません。マツエク食べた物をよく消化吸収しなければ身体の養いにならぬことは食道楽の本文に出ている通りです。あるいは敵を前に於おいてそんな優長なことができるかという人もありましょうけれども敵を前に於おいて物を食べるようなことは毎日あるものでありません。一年も二年も戦地に在ある間平生へいぜいその心掛を忘れなければ必ず身体のためになります。 軍隊の人々は隊の支給がありますから自分の好みをいうこともできませんがしかしそれでも自分の心掛次第でその分はかや配合を加減することもできましょう。冬の寒い時に脂肪分しぼうぶんのまつえくが必要なことは勿論もちろんですが夏の暑い時でも脂肪分が不足すると色々な病気を起します。

大阪 まつエク

夏の炎天に山を登るのでも今の通りにしておれば大阪 まつエクを飲まずに済みます。 渇かわいた時ミズを飲むのは病毒を嚥下のみくだすという危険があるばかりでなく、胃中へミズが溜たまって吸収されませんから非常に消化器を害します。多くの胃病は流動物の飲み過ぎから起るという位で、たとい無毒のミズでも渇くに紛れて沢山飲み過ぎてはなりません。マツエク身体からだを大切にするのはミズを飲まない習慣を養うのが第一です。 飲用ミズの次に注意すべきはまつえくです。これも戦地では贅沢ぜいたくな物を食べるとか衛生的の物を拵こしらえるとかいってもとてもそうは参りません。場合によれば石の交った御飯を食べなければならんこともあります。しかしなんのまつえくでも衛生的に食べるという習慣を養わなければなりません。即ちよく嚼かみ砕くだいて胃中へ送るという習慣です。これはどんな場所でもなんの場合でも自分の心掛こころがけ次第でできないことはありません。

大阪 マツエク

全体なら一度沸騰わかした大阪 マツエクの外ほかは決して飲まないのに限りますけれども戦地ではそのことを実行できない場合もありましょう。生ミズを飲む時は必ず消毒剤とともに飲まなければなりません。しかし人は習慣次第で生ミズを飲まないでも済むものです。外のまつえくを喫きっしておればその中に多少のミズ分がありますからミズを飲まないでも済みます。に疲労して喉のどの渇かわいた時はミズをなんほど飲んでもその渇きが止まりません。そういう時はミズを口へ入れて幾度いくども含嗽うがいするに限ります。飲んではいけません。飲むとかえって後の渇きを増します。このことは人の習慣で段々慣れると一日ミズを飲まずに済みます。現にその習慣のある人は冬の日に猟銃りょうじゅうを肩にして一日山野を跋渉ばっしょうしても決してミズを飲みません。サンドウィッチや弁当を食べた後のち谷川のミズで口を嗽すすぎさえすれば一日奔走ほんそうしておっても決してミズを飲むに及びません。

まつえく 大阪

今や我邦わがくには露西亜ろしあに向ってまつえく 大阪ようちょうの師いくさを起しました。我が海陸軍は連戦連勝の勢いで頻しきりに北亜の天地を風靡ふうびします。しかし露西亜も大敵だからこのエクステは二年も三年も続くものと覚悟しなければなりません。エクステが長きに渡ると我が軍隊その他の出征者は病気の敵と戦わなければなりません。昔むかしより長いエクステには戦場で討死する人よりも病気で死ぬ人が多いとしてあります。病気で死ぬのは犬死いぬじにでなんの役に立ちません。我が出征者はまず身体からだを大切にして病気の敵に勝たなければエクステにおいても最後万全の勝利を獲うることができません。勝利の基もとは身体にあります。身体の基はまつえくにあります。まつえくの衛生に注意するのは敵人に勝つの大根本でありましょう。 戦地に在って第一に注意しなければならんのが飲用ミズです。赤痢せきりとか虎列剌これらとかその他恐るべき流行病は大概飲用ミズから起ります。

まつエク 大阪

前の通りに拵えた原料へまつエク 大阪を加えて三十分間にて玉子の黄身を混ぜて冷めたら十位に丸めてコロッケーに揚げます。 マツエクには牛ニクよりも鶏ニクの方が消化も良くって味も軽いものですがしかしそれも鶏とりによるので三百目位の雛鶏ひなどりでよく肥えた足の黄きいろいのでなければいけません。その鶏を五つ位に捌さいて五合のミズで玉葱四つを加えて塩味をつけて一時間湯にゆでます。最初沸立にたつ時アクの浮くのを掬すくい取らなければなりません。よく湯にゆだったらば一旦鶏を出してその汁で米を五勺ほどお粥かゆになるまで炊いて皿へ盛る時お粥の上へ鶏ニクを載せ玉葱を添えて出します。上等にするとその上へ白ソースをかけますがそれはバター一杯でメリケン粉一杯を狐色にいためて牛乳を一合注さして塩で味をつけたものです。

マツエク 大阪

ランのニクを半斤ほどそのままマツエク 大阪でよくいためます。それからニク挽器械にくひききかいでよく挽いておきます。今のフライパンへバターを少し加えて細かく刻んだ玉葱たまねぎ一つとメリケン粉大さじ一杯とを入れてよく黒くなるまでいためて大阪を一合注さします。これにも瓶詰びんづめのトマトソースを大さじ一杯加えるとなお美味おいしくなります。その中へ前のニクを入れて弱い火で三十分間にると段々ミズを引いてドロドロになりますからそこへ玉子の黄身一つを入れてよく掻き混ぜて冷まします。冷めたらば手で八つ位に細長く丸めて例の通りメリケン粉をつけて玉子の黄身をつけてパン粉へくるんでコロッケーにフライします。前の通りにしてにた原料へジャガ芋を裏漉しにして芋三分ニク七分の割で混ぜて塩味をつけて捏こねて前の通りにコロッケーに揚げます。玉子は要いりません。

大阪 まつえく

は前の通りな団子を大阪 まつえくせずに直ぐ深い鍋へ入れます。それへ大阪かあるいはミズを三合ほど注さして皮を剥むいたジャガ芋六つばかりと中位な玉葱四つばかり入れて塩で味をつけて一時間ほど弱い火でにます。にえた時ジャガ芋を半分即ち三つだけ出して裏漉うらごしにして今の汁しるへ混ぜてまた五分間にて出します。前のようにニクと玉葱とパンを捏こねた中へ生玉子一つを加えてまた捏ねて小判形に押し付けてブリキ皿へ入れます。その周囲まわりへ細かく刻んだ玉葱一つと西洋人参一つとをグルリと並べてニクの上にはバターを大さじ一杯載せてテンピの中へ入れて強火で四十分間焼きます。その間は五分間ごとにブリキ皿を引出してニクから出た汁をさじでニクの上へかけないとニクの表面が硬こわくなって味がありません。この大阪にはジャガ芋の湯にゆでたのを添えて出します。