まつエク 大阪

ことに冬の寒い時にまつエク 大阪を飲むのは非常の害があるので一時は寒気を凌しのぐようでもその跡あとが一層寒気を感じて凍こごえたり病気を起したりします。食道楽の本文にもある通り酒でもまつえくでも程ほどと加減かげんを忘れてはなりません。 軍隊の中にいたりあるいは負傷しても病院にいる時は医者も看護人もありますから色々の注意が行届きましょうがしかし隊を離れて負傷などをした者が民家に入って独ひとりで手当をするような場合にはその時の心得がなければなりません。 まず負傷して疵口きずぐちへ応急の手当をするには塩かまたは上等の砂糖を沢山ぬり付けると防腐の功があります。塩や砂糖はどんな処でも得られないことはありません。 出血の長く止まらない時にはゼラチン即ち西洋膠にかわを湯で溶かして飲むと止血しけつの功がありますけれども西洋膠なぞは滅多にありません。その代り支那しなには海鼠きんこがありますからそれをにて食べても止血の功があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>