まつエク 大阪

前の通りに拵えた原料へまつエク 大阪を加えて三十分間にて玉子の黄身を混ぜて冷めたら十位に丸めてコロッケーに揚げます。 マツエクには牛ニクよりも鶏ニクの方が消化も良くって味も軽いものですがしかしそれも鶏とりによるので三百目位の雛鶏ひなどりでよく肥えた足の黄きいろいのでなければいけません。その鶏を五つ位に捌さいて五合のミズで玉葱四つを加えて塩味をつけて一時間湯にゆでます。最初沸立にたつ時アクの浮くのを掬すくい取らなければなりません。よく湯にゆだったらば一旦鶏を出してその汁で米を五勺ほどお粥かゆになるまで炊いて皿へ盛る時お粥の上へ鶏ニクを載せ玉葱を添えて出します。上等にするとその上へ白ソースをかけますがそれはバター一杯でメリケン粉一杯を狐色にいためて牛乳を一合注さして塩で味をつけたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>