大阪 まつえく

は前の通りな団子を大阪 まつえくせずに直ぐ深い鍋へ入れます。それへ大阪かあるいはミズを三合ほど注さして皮を剥むいたジャガ芋六つばかりと中位な玉葱四つばかり入れて塩で味をつけて一時間ほど弱い火でにます。にえた時ジャガ芋を半分即ち三つだけ出して裏漉うらごしにして今の汁しるへ混ぜてまた五分間にて出します。前のようにニクと玉葱とパンを捏こねた中へ生玉子一つを加えてまた捏ねて小判形に押し付けてブリキ皿へ入れます。その周囲まわりへ細かく刻んだ玉葱一つと西洋人参一つとをグルリと並べてニクの上にはバターを大さじ一杯載せてテンピの中へ入れて強火で四十分間焼きます。その間は五分間ごとにブリキ皿を引出してニクから出た汁をさじでニクの上へかけないとニクの表面が硬こわくなって味がありません。この大阪にはジャガ芋の湯にゆでたのを添えて出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>