まつエク 大阪

マツエクのまつえくにまつエク 大阪は多く用いられますがカスタープデンにも焼くのと蒸すのとがあります。焼く方は玉子の黄身二つへ砂糖大さじ二杯入れてよく煉り混ぜます。色の白くなるほど煉らなければいけません。そこへ一合の牛乳を少しずつ幾度いくどにも注さしてよく混ぜて香料を少し加えたのが原料です。この原料をベシン皿かあるいは丼鉢どんぶりばちへ入れてテンパン即ちブリキ皿の中の湯の注いである処へ置いてテンピの中で二十分間焼きます。こうすると底の方は湯煎ゆせんになって上の方から焼けますから底へ焦こげ付きません。火加減は中位です。焼けたと思う時間に極ごく細い箸はしをプデンへ通してみると焼けない時には生々しいものが着いて来ます。箸が少しも汚れなければモーできたのです。このまま食べてもよろし、モー一層美味おいしくするにはテンピから出した後上へ一面にジャムをぬります。プデン類は温い処を食べてもよしあるいは翌日になって冷めたいのを食べても味が良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>