大阪 まつエク

それをミズから出して外のミズを好よきほどに加えて大阪 まつエクを適宜に入れて弱い火で気長に柔くなるまでにますがアクが浮いたら掬すくい取らなければなりません。こうしたのは色が沢々つやつやとしています。モー一つの法は長く保もたせるようににるので最初によく菓物のミズ気を拭き取って庖丁や手にもミズ気のないようにして菓物の皮を剥いて程好ほどよく切ってそのまま砂糖をかけて二、三時間置くと砂糖が溶けて菓物の液をよび出します。それを弱い火にかけてアクを掬い取りながら気長ににます。マツエクミズ気が混じると早く腐りますからそれを防ぐためです。こうしたのは夏でも四、五日ぐらい保もちます。この通り柔くにた菓物はマツエクの種類によって大層びますがそれをブラマンジに添えて食べるとなお一層の御馳走になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>