大阪 マツエク

前にある林檎や苺のジャムができれば大阪 マツエクほかの菓物も大概その方法でできます。即ち桃のようなものは林檎に似て膠質にかわしつがありますから林檎の通り皮を剥むかずににますし、葡萄なぞも皮も剥かずに苺の通りでジャムもシロップも取れますし、蜜柑みかんなぞは皮ともに薄く切って暫く砂糖へ漬けて前のようににるのと皮を剥いて身だけ潰してにるのと二つの法があります。マツエク皮ともににたものは跡あとで裏漉しにしますし、皮を剥いてにるもの即ち無花菓いちじくのようなものは形を崩さないようにします。菓物のにたことを申すので、これも二様ようのに方があります。一つは直ぐに食べたりあるいは外の大阪に使うためです。林檎でも桃でもそれに似た物は皮を剥むいて心しんを去とって四つ位に切って直ぐミズの中へ放します。これはアクを抜くので色の赤くならないためです。アク出しをしないとにてから色が赤くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>