まつエク 大阪

西洋ではマツエク見舞によくまつエク 大阪のジャムを贈りますがジャムはパンへ付けてもカステラへ付けてもなんにでも用いられてマツエクには調法です。ジャムの中でも林檎なぞは極ごく結構で、これは皮付のまま四つ位に切って心しんを除とって一斤の林檎なら百目位の砂糖をかけて三時間ほど置きます。そうすると砂糖が溶けて林檎の液つゆが出ますからそのままそっくり深い鉄鍋へ入れて最初は強火でにるとアクが浮きますからそれを幾度いくどにも丁寧に掬すくい取ってアクがいよいよ出なくなったら今度は火を弱くして一時間以上にます。それから裏漉しにして液つゆはゼリーに取り身の方はそのまま器へ入れて目張めばりをしておくと長く保もちます。林檎にも酸いのと甘いのがありますから砂糖の入れ方はそれで加減しなければなりません。長く保たせるには砂糖を多くして菓物と同じ分はかに致します。林檎の皮を剥かずににるのは皮の間から膠質にかわしつが沢山出て味が良くなるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>