マツエク 大阪

前のグラスカスターのマツエク 大阪が重過ぎるというマツエクには菓物のゼリーを与えてもよろこびます。これはまずゼラチン即ち西洋膠にかわ四枚をミズの中へ三十分間漬けておきます。別に一合のミズへ大さじ二杯の砂糖を加えて火にかけて沸立にたたせます。沸立った処へ今のゼラチンを入れてよく溶けたらば大きな生レモン二つの汁を絞り込んで直ぐに布巾ふきんで漉します。それを四角な器へ入れてミズの中で冷しておくと二、三時間で固まりますから羊羹ようかんのように切ってマツエクに与えてもようございます。生レモンの代りにレモン油とライムジュースを入れてもできます。ゼラチンは消化の速いものですがこの場合に寒天かんてんを使うと消化が大層悪くなります。寒天で製したものはマツエクのまつえくに用いられません。ゼラチンも冬は三枚半位でできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>