大阪 まつえく

マツエクはとかく喉のどが渇かわいて大阪 まつえく味の物を好みますがそれには菓物くだもののグラスカスターを与えると大層美味おいしく感じます。その製法はまず玉子の黄身二つへ砂糖大さじ二杯を加えてよく煉り混ぜておいて牛乳一合を少しずつ注してそれを器ごと湯の中へ入れて湯煎ゆせんにしながらよく掻き廻します。掻き廻しようが悪いと固まってブツブツができますし、に過ぎてもいけません。ちょうど半熟と思う位に掻き廻していると好い加減なドロドロの物になりますから火より卸おろして掻き廻しながら冷まします。冷めた処でコップへ半分注ついで生レモン一個の汁だけ絞り込んで別に残った白身を泡立ててその上へ載せて出しますとさじでその白身と中の品物を掻き混ぜながら食べます。どんなに美味しゅうございましょう。あるいは生レモンの代りにレモン油とライムジュースを入れてもようございます。酸味すみの加減はその時の場合で自由になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>