大阪 まつエク

今のニク大阪 まつエクを細かく切って塩を小さじに半分とミズを沢山即ち一合ほど入れて直ぐそのまま二時間ほど湯煎にしてモー一度塩味を見ます。この方は直ぐにる代りに前のよりも時間を長くしなければなりません。 西洋から極ごく小さな壺へ入れた煉薬ねりやくのようなビフチーが来て食品屋に売っております。その効能は手製の新しいものに及びませんけれども急ぐ時にはそれを湯で溶かして塩味を付けて飲ませてもいいのです。飲むことのできない大マツエクにはミズで溶かずにそのまま少はかをオブラードへ包んで飲ませることもあります。このビフチーは牛ニクのエキス分をに詰につめて製したものです。 ビフチーは味が少し重い方ですから淡泊な味を好むマツエクには鶏ニクエキスがいいのです。これも製法はビフチーの通りで三百目位の雛鳥ひなどりの上ニク即ち赤身ばかり一斤を細かく切って塩を小さじに半分と大さじ一杯のミズを加えて一時間置きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>