大阪 マツエク

世間にはよくマツエクに大阪を飲ませて大阪 マツエクになると思う人がありますけれども普通の淡うすい大阪は興奮性があるばかりで滋養分は多くありません。大マツエクに飲ませるのはビフチーに限ります。これは上等にすると牛ニクのランという処を一斤買って脂身あぶらみのない赤身だけを削けずるように極ごく細かく切って深い壺へ入れます。それへ塩を小さじ半分位加えてよく掻かき混まぜてミズをホンの少し即ち大さじ一杯も入れてそのまま一時間も置くとニクのエキス分が段々溶けて来ます。今度はその壺へ蓋ふたをして沸立にたっておる湯の中へ入れて一時間半ないし二時間ばかり湯煎ゆせんにすると極く濃い汁が出ますから布巾ふきんで漉こしてモー一度塩加減をしてその汁だけマツエクに飲ませます。この中へ柔い御飯を入れて実にするとなお味がよくなります。玉子の黄身を入れて混ぜてもようございます。それはマツエクの様子次第で斟酌しんしゃくしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>